インフルエンザの症状~症状、風邪とのちがい、症状改善のための注意点~

監修:独立行政法人 国立病院機構 九州医療センター 名誉院長 柏木征三郎先生

画像

インフルエンザは普通のかぜとは異なり、突然の38℃以上の「高熱」や、関節痛、筋肉痛、頭痛などの他、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れるのが特徴です。

インフルエンザの症状は?

インフルエンザウイルスに感染した場合、約1~3日の潜伏期間の後、インフルエンザを発症します。続く約1~3日では、突然の38℃以上の「高熱」や全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れます。やや遅れて、咳(せき)やのどの痛み、鼻水などの「呼吸器症状」が現れ、腰痛や悪心(吐き気)などの「消化器症状」を訴えることもあります。通常は、10日前後で症状が落ち着き、治癒します。

インフルエンザウイルスに感染すると・・・

普通のかぜとはどう違うの?

普通のかぜは1年を通してみられますが、インフルエンザは季節性を示し、日本では例年11~12月頃に流行が始まり、1~3月にピークを迎えます。

かぜの多くは、発症後の経過がゆるやかで、発熱も軽度であり、くしゃみやのどの痛み、鼻水・鼻づまりなどの症状が主にみられます。

これに対し、インフルエンザは高熱を伴って急激に発症し、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れます。関節痛、筋肉痛、頭痛も現れます。また、インフルエンザは、肺炎や脳炎(インフルエンザ脳炎)などを合併して重症化することがあります。

かぜとインフルエンザは、ココが違う!

症状を改善するために、注意すべきことは?

画像

インフルエンザの症状を改善するためには、体内にいるインフルエンザウイルスの増殖を防ぐ「抗インフルエンザウイルス薬」の服用が有効です。抗インフルエンザウイルス薬を発症後すぐに服用を開始すると、服用していない場合と比べて発熱期間が1~2日短縮され、ウイルスの排泄量も減少し、症状が徐々に改善されていきます。

しかし、お薬を服用して熱が下がっても、体内のウイルスがすぐにいなくなるわけではありません! 「症状が改善したから…」といってお薬の服用を途中でやめることで、体内に残っているウイルスが周りの人に感染する可能性があります。

熱が下がったあとも、お薬はきちんと使い切り、最低2日間は自宅で療養しましょう。

インフルエンザの症状 TOPへ

基本情報

  • インフルエンザとは
  • インフルエンザの症状
  • 合併症

予防と治療

  • インフルエンザの予防
  • インフルエンザにかかったら
  • インフルエンザの治療法
  • 特に気をつけなければならない人

インフルエンザ Q&A

インフルエンザウイルスに感染した患者さんへ

発熱したお子さんを見守るポイント

ワクチン・予防接種 北里第一三共ワクチン株式会社

インフルエンザの症状~インフルエンザの症状、風邪との違い、症状改善のための注意点~
インフル・ニュースは、第一三共株式会社が運営するインフルエンザ情報サイトです。
インフルエンザ感染に関する最新の流行状況や、手洗い、うがいなどの予防に関する情報など役立つ情報をお届けしています。

イナビル吸入方法 [How to use INAVIR]