インフルエンザQ&A

監修:東北大学 加齢医学研究所抗感染症薬開発研究部門 教授 渡辺彰先生

インフルエンザと普通のかぜの違いは何ですか?
普通のかぜは1年を通してみられますが、インフルエンザは季節性を示し、日本では例年11~12月頃に流行が始まり、1~3月にピークを迎えます。かぜの多くは、発症後の経過がゆるやかで、発熱も軽度であり、くしゃみやのどの痛み、鼻水・鼻づまりなどの症状が主にみられます。これに対し、インフルエンザは高熱を伴って急激に発症し、悪寒(寒気)や全身倦怠感(だるさ)、関節痛、筋肉痛、頭痛などの「全身症状」が強く現れます。また、インフルエンザは、肺炎や脳炎(インフルエンザ脳炎)などを合併して重症化することがあるので注意が必要です。

インフルエンザQ&A TOPへ

インフルエンザにかからないようにするには、どうすればよいですか?
インフルエンザの予防には、インフルエンザワクチンの接種が有効です。また、手洗いは手や指などに付着したインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法であり、うがいは口の中を洗浄します。インフルエンザが流行してきたらなるべく人ごみや繁華街への外出を控え、やむを得ず外出するときはマスクを着用しましょう。

インフルエンザQ&A TOPへ

インフルエンザはどのようにして他の人にうつるのですか?
インフルエンザは患者さんの咳、くしゃみ、つばなどのしぶきと共に放出されたウイルスを、鼻腔や気管など気道に吸入することによって感染します。

インフルエンザQ&A TOPへ

インフルエンザの症状が出て48時間以内に受診した方が良いのはなぜですか?
インフルエンザウイルスは増殖のスピードが速いため、症状が急速に進行します。したがって、具合が悪くなったら、早めに医療機関を受診しましょう。抗インフルエンザウイルス薬は発症後48時間を過ぎてからの開始では充分な効果を得にくくなるため、インフルエンザは発症後すぐに適切な治療を開始することが重要です。

インフルエンザQ&A TOPへ

インフルエンザにかかりましたが、いつから学校や職場へ行ってもよいですか?
一般的に熱が下がっても、しばらくはウイルスの感染力が残っているため、他の人に感染させる可能性があります。そのため、熱が下がったあとも、最低2日間(幼児は3日間)、インフルエンザ発症後からは5日間は自宅で療養することをお勧めします。かかりつけの医師や学校へ相談して決めるとよいでしょう。

インフルエンザQ&A TOPへ

インフルエンザの治療方法にはどのようなものがありますか?
安静にして睡眠を充分にとり、また高熱による脱水症状がおこらないように水分補給することがインフルエンザ治療の基本です。薬物療法としては抗インフルエンザウイルス薬を服用することで、ウイルスの増殖を抑え病気の期間を短くすることができます。また、高熱の場合には解熱鎮痛剤等、黄色淡等の細菌の二次感染が疑われる場合には抗菌薬を使うこともあります。
ついては、具合が悪くなったら早めに医療機関を受診しましょう。

インフルエンザQ&A TOPへ

基本情報

  • インフルエンザとは
  • インフルエンザの症状
  • 合併症

予防と治療

  • インフルエンザの予防
  • インフルエンザにかかったら
  • インフルエンザの治療法
  • 特に気をつけなければならない人

インフルエンザ Q&A

インフルエンザウイルスに感染した患者さんへ

発熱したお子さんを見守るポイント

インフルエンザQ&A
インフル・ニュースは、第一三共株式会社が運営するインフルエンザ情報サイトです。
インフルエンザ感染に関する最新の流行状況や、手洗い、うがいなどの予防に関する情報など役立つ情報をお届けしています。

イナビル吸入方法 [How to use INAVIR]