ハイリスク群とは~特に気をつけなければならない人~

監修:独立行政法人 国立病院機構 九州医療センター 名誉院長 柏木征三郎先生

インフルエンザウイルスの感染後に重症化したり、合併症を引き起こす可能性の高い人たちのことを「ハイリスク群」といいます。

ハイリスク群とは

インフルエンザウイルスに感染すると、重症化するリスク(危険性)の高い人がいます。特に、以下の持病がある方は、日ごろから手洗い、うがい、人ごみを避けるなどの予防対策を積極的に行いましょう。また、本人だけではなく、周囲の方々も感染しないように、またはさせないように配慮することも重要です。

【ハイリスクとなる持病】

  • 慢性呼吸器疾患
  • 慢性心疾患
  • 糖尿病などの代謝性疾患
  • 腎機能障害
  • ステロイド内服などによる免疫機能不全

さらに、乳幼児や高齢者についても、インフルエンザが重症化することがあると報告されています。予防を心がけるとともに、かかりつけの医療機関に発症時の対応について相談しておくことも大切です。

特に気をつけなければならない人 TOPへ

基本情報

  • インフルエンザとは
  • インフルエンザの症状
  • 合併症

予防と治療

  • インフルエンザの予防
  • インフルエンザにかかったら
  • インフルエンザの治療法
  • 特に気をつけなければならない人

インフルエンザ Q&A

インフルエンザウイルスに感染した患者さんへ

発熱したお子さんを見守るポイント

ハイリスク群~インフルエンザが重症化しやすい方~
インフル・ニュースは、第一三共株式会社が運営するインフルエンザ情報サイトです。
インフルエンザ感染に関する最新の流行状況や、手洗い、うがいなどの予防に関する情報など役立つ情報をお届けしています

イナビル吸入方法 [How to use INAVIR]